当院の治療について

当院の治療方針

カウンセリング風景

AGAは患者様によって、進行の度合いなど症状が異なります。
医師が直接カウンセリングと診察を行い、患者様一人一人にあった最適な治療法をご提案いたします。
通院の方には経過観察により、より治療効果が出るよう、丁寧に治療方針のメンテナンスを行います。

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症(AndroGenic Alopecia)の略で、男性ホルモンが変化した成分の影響により、ヘアサイクルが早まり、前頭部、または頭頂部、もしくはその両方が薄毛になる病気です。放って置くと進行する進行性の病気であるため、早めの治療が肝要になります。

ヘアサイクルとは

健康な毛は2〜6年の周期で、新しい毛が成長する→成長が止まる→抜け落ちるというサイクルを繰り返しており、これを「ヘアサイクル」といいます。AGAになると、ヘアサイクルが数ヶ月〜1年の周期に早まり、細い毛などが目立つようになり薄毛になります。
また、髪は40〜50サイクルを終えると、その毛根からは毛が生えてこなくなると言われているため、早めの治療によりヘアサイクルの周期を正常に戻すことが重要になります。

ヘアサイクルが早まる要因とは

AGAにおいて、ヘアサイクルが早まる要因は、「ジヒドロテストステロン(DHS)」の影響であると言われております。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が分泌され毛根の細胞にたどり着くと、「5-α還元酵素」という酵素の働きで、「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHS)」に変換されます。
この「ジヒドロテストステロン」の司令によって作られるタンパク質の働きによって、まだ抜け落ちるヘアサイクルに入っていない成長期の毛髪が抜け落ちるフェーズに早く移ってしまうのです。

AGA治療とは

AGA治療は、内服薬や外用薬、メソセラピーによって、ヘアサイクルが早まる要因である「ジヒドロテストステロン(DHS)」が生成されるのを防ぐのが主な治療になります。「5-α還元酵素」が「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン(DHS)」に転換してしまうのを抑制します。

当院の各治療内容について

当院の内服薬はフィナステリドが含まれます

当クリニックで処方する内服薬にはフィナステリドという成分が入っております。フィナステリドは2型5-α還元酵素を阻害して、「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に転換されるのを抑制する効果があります。この働きによってヘアサイクルの乱れの原因であるタンパク質が作られるのを抑える事により、脱毛を抑制します。
副作用の一つとして性機能障害が言われていますが、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版によりますと、日本人男性788人を対象とした調査で2人に発生したと報告されているので、発生率は約0.25%と低い確率です。

ミノキシジル配合の内服薬(飲み薬)は副作用が強い

当クリニックで処方している内服薬は、フィナステリドが含まれるもののみで、副作用が強いといわれている内服薬の処方を行っておりません。
例を挙げると、ミノキシジル配合の内服薬(飲み薬)は取り扱っておりません。
ミノキシジルには、
・ 血管を拡張させることにより毛組織の血流を改善させる
・ 細胞からの成長因子の産生を促進する
・ 毛母細胞のアポトーシス(細胞死)を抑制する
などの効果により、毛の成長期期間を延長させる働きがあるとされています。
しかし、ミノキシジルはもともと血管を拡張し、血圧を下げる薬として開発された経緯があります。そのため内服(飲み薬)として使用すると、血圧低下、めまい、動悸などの副作用が出ることがあります。その他にも、頭髪以外の毛が増えてしまう事もあります。
患者様が安心して治療に取り組んでいただけるような方針で治療に取り組んでおります。

ミノキシジルは外用薬であれば安全

当クリニックで処方している外用薬(塗り薬)には、ミノキシジルが含まれております。上述しましたとおり、ミノキシジルは内服薬(飲み薬)として使用すると、全身に影響の出る副作用が見られる可能性があるのですが、外用薬(塗り薬)として使用すれば、全身におよぶ副作用は出ません。副作用として報告されているのはかゆみや紅斑といった局所的なものがほとんどです。
そのため、当クリニックでは、ミノキシジルは内服薬(飲み薬)としては処方せず、外用薬(塗り薬)としてのみ処方しております。

AGAクリニックで手に入るミノキシジルは高濃度

AGAクリニックで手に入るミノキシジル配合の薬品は、市販品として売られているミノキシジル配合の製品(シャンプーなど)とは濃度が異なります。もちろん、市販品でも効果が出る方はおりますが、高濃度のミノキシジル配合の薬品を処方できるのは医療機関だけです。

高濃度ミノキシジルと成長因子が含まれる当院のメソセラピー

AGAゆずクリニックのメソセラピー

当院のメソセラピーは、高濃度のミノキシジルと成長因子を頭皮の皮下に直接注入する治療法です。成長因子とは、特定の細胞の増殖・分裂や分化を促進するタンパク質の一種です。髪の毛を作る毛母細胞に働きかけて、成長を促進すると考えられています。
本治療は皮下に注入するため、毛根に直接有効成分を届けることができ、塗り薬よりも効果が短期で現れやすいと考えられる治療法です。内服の治療とあわせて行うことにより、より早期により高い治療効果が得られる事が期待されます。
治療箇所を冷却することで麻痺させてから治療を行うため、痛みはほとんどありません。
また、副作用ですが、局所に注入を行うため、通常全身性の副作用が起こることはありません。考えられる副作用としてかゆみ、感染、瘢痕化などが考えられますが、いずれも非常に稀です。